TOP |造り方 |ご注文方法商品購入お薦めレシピビール歴史会社案内新着情報お問合わせ
〜 〜 造り方は意外とカンタン 〜 〜

  自分で造る「手造りビール」や「ユニケグの使い方」「麦芽の使い方」「ホップの使い方」「手造りワイン」「ドブロクの造り方」 その味もさることながら造る楽しさもなかなかのもの。基本的な造り方さえ覚えてしまえば、非常に簡単。ぜひ、挑戦してみてください。
 手 造 り ビ ー ル
用意するもの
  • うまいビールの素“B”+ 添付のビール酵母(モルトの缶詰)
  • 発酵容器セット
  • (発酵容器20L・エアーロック・タップボトルフィラー・シール温度計)
  • 麦芽糖 or ぶどう糖 or 白砂糖 + 水(ぜひ、おいしい水を)
  • ホームブルースプレー(消毒用エタノール)
  • 大きな鍋(5L容器以上) + おたま + じょうご + ボウル
  • 洗ビンブラシ + 王冠 + 打栓器(王冠をしめる道具)
  • ビール瓶 or ケグ(樽)
  • スティックシュガー

ビールの基本的な造り方(諸外国では)








発行容器とエアーロックは洗浄後ホームブルースプレーで除菌・消毒しておきます。タップ取付け後水を充分にはり水漏れがないことを確認してください。 鍋に2ℓ位の湯を沸かし、火を止めます。缶の中身と砂糖600gを加え、よく溶かします。 予め発酵容器に約10ℓ水を入れ、鍋の溶液を移します。16ℓになるように水を加え、液温が18〜26℃であることを確認後、添付のイーストを液面に振りかけます。









蓋をしてエアーロックに水を入れ発酵適温(18〜26℃)を保つよう5〜10日発酵させます。
消毒用エタノールでビール瓶、王冠、ボトルフィラー等を消毒し、瓶に砂糖3g(中瓶の場合)づつを加えておきます。瓶の上部5cm程空間が出来るようにビールを充たし、瓶詰します。
打栓器で王冠をしっかりと打栓します。瓶詰後、2日位は発酵適温を保ち、その後、冷暗所で熟成させます。瓶詰後最短2週間で飲めますが、美味しく飲めるのは1〜3ヶ月後です。
酒税法について(Brew It Yourself)
 日本では、明治憲法下で制定された酒税法により、アルコール度数1%以上の酒類を造る場合は免許が必要になります。免許の条件は年間60KL以上を生産する事等。無免許で、欧米の様に1%以上のビールを造る自由はありません。(国外で造る場合はその限りにあらず) アルコール度数を調整するための糖分量に気を付けながら1%未満のビール風清涼飲料を造り、家庭で楽しむことは自由です。 言い換えればアルコール度数は糖分量により変わってきますので、マニュアルにある海外での醸造法で造った場合は1%以上になってしまいます。気を付けましょう!?
低アルコール(1%)未満ビールの製造法
湯約2Lと(うまいビールの素”B”)907gに砂糖(700g)を加えず煮ます。
1次醗酵用容器の総量を40L(水を加える)に増量します。
こうする事により1次醗酵時の糖度を押さえ(糖度の半分がアルコールになる)る事でアルコール度数を押さえます。
このサイトに関するご質問、ご要望等はinfo@nbjapan.co.jpまでご連絡ください。
Legal Notices Copyright(C)2003シービーシー株式会社(Craft Brewing Consultant)
〒254-0903 神奈川県平塚市河内308-1-2F(湘南オフィス)